万葉集1225番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1225番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1225番について

歌番号

1225番

原文

狭夜深而|夜中乃方尓|欝之苦|呼之舟人|泊兼鴨

訓読

さ夜更けて夜中の方におほほしく呼びし舟人泊てにけむかも

かな読み

さよふけて|よなかのかたに|おほほしく|よびしふなびと|はてにけむかも

カタカナ読み

サヨフケテ|ヨナカノカタニ|オホホシク|ヨビシフナビト|ハテニケムカモ

ローマ字読み|大文字

SAYOFUKETE|YONAKANOKATANI|OHOHOSHIKU|YOBISHIFUNABITO|HATENIKEMUKAMO

ローマ字読み|小文字

sayofukete|yonakanokatani|ohohoshiku|yobishifunabito|hatenikemukamo

左注|左註

?右件歌者古集中出

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅

校異

特に無し

寛永版本

さよふけて[寛],
よなかのかたに[寛],
おほほしく[寛],
よびしふなびと,[寛]よひしふなひとと,
はてにけむかも,[寛]はてけむかも,

巻数

第7巻

作者

古集

タイトルとURLをコピーしました