万葉集1182番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1182番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1182番について

歌番号

1182番

原文

海人小船|帆毳張流登|見左右荷|鞆之浦廻二|浪立有所見

訓読

海人小舟帆かも張れると見るまでに鞆の浦廻に波立てり見ゆ

かな読み

あまをぶね|ほかもはれると|みるまでに|とものうらみに|なみたてりみゆ

カタカナ読み

アマヲブネ|ホカモハレルト|ミルマデニ|トモノウラミニ|ナミタテリミユ

ローマ字読み|大文字

AMAOBUNE|HOKAMOHARERUTO|MIRUMADENI|TOMONORAMINI|NAMITATERIMIYU

ローマ字読み|小文字

amaobune|hokamohareruto|mirumadeni|tomonoramini|namitaterimiyu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|広島|鞆嬥浦|地名|叙景

校異

特に無し

寛永版本

あまをぶね,[寛]あまをふね,
ほかもはれると[寛],
みるまでに,[寛]みるまてに,
とものうらみに,[寛]とものうらわに,
なみたてりみゆ,[寛]なみたてるみゆ,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました