万葉集1353番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1353番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1353番について

歌番号

1353番

原文

石上|振之早田乎|雖不秀|繩谷延与|守乍将居

訓読

石上布留の早稲田を秀でずとも縄だに延へよ守りつつ居らむ

かな読み

いそのかみ|ふるのわさだを|ひでずとも|なはだにはへよ|もりつつをらむ

カタカナ読み

イソノカミ|フルノワサダヲ|ヒデズトモ|ナハダニハヘヨ|モリツツヲラム

ローマ字読み|大文字

ISONOKAMI|FURUNOWASADAO|HIDEZUTOMO|NAHADANIHAHEYO|MORITSUTSUORAMU

ローマ字読み|小文字

isonokami|furunowasadao|hidezutomo|nahadanihaheyo|moritsutsuoramu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|奈良|恋愛|地名|植物

校異

特に無し

寛永版本

いそのかみ[寛],
ふるのわさだを,[寛]ふるのわさたを,
ひでずとも,[寛]ひてすとも,
なはだにはへよ,[寛]しめたにはへよ,
もりつつをらむ[寛],

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました