万葉集1147番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1147番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1147番について

歌番号

1147番

原文

暇有者|拾尓将徃|住吉之|岸因云|戀忘貝

訓読

暇あらば拾ひに行かむ住吉の岸に寄るといふ恋忘れ貝

かな読み

いとまあらば|ひりひにゆかむ|すみのえの|きしによるといふ|こひわすれがひ

カタカナ読み

イトマアラバ|ヒリヒニユカム|スミノエノ|キシニヨルトイフ|コヒワスレガヒ

ローマ字読み|大文字

ITOMAARABA|HIRIHINIYUKAMU|SUMINOENO|KISHINIYORUTOIFU|KOHIWASUREGAHI

ローマ字読み|小文字

itomaaraba|hirihiniyukamu|suminoeno|kishiniyorutoifu|kohiwasuregahi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|大阪|羈旅|地名|動物

校異

特に無し

寛永版本

いとまあらば,[寛]いとまあらは,
ひりひにゆかむ,[寛]ひろひにゆかむ,
すみのえの[寛],
きしによるといふ,[寛]きしによるてふ,
こひわすれがひ,[寛]こひわすれかひ,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました