万葉集1202番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1202番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1202番について

歌番号

1202番

原文

自荒礒毛|益而思哉|玉之<裏>|離小嶋|夢<所>見

訓読

荒礒ゆもまして思へや玉の浦離れ小島の夢にし見ゆる

かな読み

ありそゆも|ましておもへや|たまのうら|はなれこしまの|いめにしみゆる

カタカナ読み

アリソユモ|マシテオモヘヤ|タマノウラ|ハナレコシマノ|イメニシミユル

ローマ字読み|大文字

ARISOYUMO|MASHITEOMOHEYA|TAMANORA|HANAREKOSHIMANO|IMENISHIMIYURU

ローマ字読み|小文字

arisoyumo|mashiteomoheya|tamanora|hanarekoshimano|imenishimiyuru

左注|左註

?右件歌者古集中出

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|和歌山|土地讃美|地名

校異

浦->裏【元】【類】【古】|石->所【類】

寛永版本

ありそゆも,[寛]あらいそにも,
ましておもへや,[寛]ましておもふや,
たまのうら,[寛]たまのうらの,
はなれこしまの[寛],
いめにしみゆる,[寛]ゆめにしみゆる,

巻数

第7巻

作者

古集

タイトルとURLをコピーしました