万葉集1093番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1093番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1093番について

歌番号

1093番

原文

三毛侶之|其山奈美尓|兒等手乎|巻向山者|継之宜霜

訓読

三諸のその山なみに子らが手を巻向山は継ぎしよろしも

かな読み

みもろの|そのやまなみに|こらがてを|まきむくやまは|つぎしよろしも

カタカナ読み

ミモロノ|ソノヤマナミニ|コラガテヲ|マキムクヤマハ|ツギシヨロシモ

ローマ字読み|大文字

MIMORONO|SONOYAMANAMINI|KORAGATEO|MAKIMUKUYAMAHA|TSUGISHIYOROSHIMO

ローマ字読み|小文字

mimorono|sonoyamanamini|koragateo|makimukuyamaha|tsugishiyoroshimo

左注|左註

右三首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

雑歌|巻向|奈良|非略体|地名|枕詞

校異

特に無し

寛永版本

みもろの[寛],
そのやまなみに[寛],
こらがてを,[寛]こらかてを,
まきむくやまは,[寛]まきもくやまは,
つぎしよろしも,[寛]つきてしよしも,

巻数

第7巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました