万葉集1097番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1097番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1097番について

歌番号

1097番

原文

吾勢子乎|乞許世山登|人者雖云|君毛不来益|山之名尓有之

訓読

我が背子をこち巨勢山と人は言へど君も来まさず山の名にあらし

かな読み

わがせこを|こちこせやまと|ひとはいへど|きみもきまさず|やまのなにあらし

カタカナ読み

ワガセコヲ|コチコセヤマト|ヒトハイヘド|キミモキマサズ|ヤマノナニアラシ

ローマ字読み|大文字

WAGASEKO|KOCHIKOSEYAMATO|HITOHAIHEDO|KIMIMOKIMASAZU|YAMANONANIARASHI

ローマ字読み|小文字

wagaseko|kochikoseyamato|hitohaihedo|kimimokimasazu|yamanonaniarashi

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|序詞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

わがせこを,[寛]わかせこを,
こちこせやまと[寛],
ひとはいへど,[寛]ひとはいへと,
きみもきまさず,[寛]きみもきまさぬ,
やまのなにあらし[寛],

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました