万葉集1113番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1113番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1113番について

歌番号

1113番

原文

此小川|白氣結|瀧至|八信井上尓|事上不為友

訓読

この小川霧ぞ結べるたぎちゆく走井の上に言挙げせねども

かな読み

このをがは|きりぞむすべる|たぎちたる|はしりゐのへに|ことあげせねども

カタカナ読み

コノヲガハ|キリゾムスベル|タギチタル|ハシリヰノヘニ|コトアゲセネドモ

ローマ字読み|大文字

KONOGAHA|KIRIZOMUSUBERU|TAGICHITARU|HASHIRIINOHENI|KOTOAGESENEDOMO

ローマ字読み|小文字

konogaha|kirizomusuberu|tagichitaru|hashiriinoheni|kotoagesenedomo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌

校異

瀧【元】【類】【古】流

寛永版本

このをがは,[寛]このおかは,
きりぞむすべる,[寛]きりそむすへる,
たぎちたる,[寛]たきちゆく,
はしりゐのへに,[寛]はしりゐのうへに,
ことあげせねども,[寛]ことあけせねとも,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました