万葉集1222番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1222番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1222番について

歌番号

1222番

原文

玉津嶋|雖見不飽|何為而|褁持将去|不見人之為

訓読

玉津島見れども飽かずいかにして包み持ち行かむ見ぬ人のため

かな読み

たまつしま|みれどもあかず|いかにして|つつみもちゆかむ|みぬひとのため

カタカナ読み

タマツシマ|ミレドモアカズ|イカニシテ|ツツミモチユカム|ミヌヒトノタメ

ローマ字読み|大文字

TAMATSUSHIMA|MIREDOMOAKAZU|IKANISHITE|TSUTSUMIMOCHIYUKAMU|MINUHITONOTAME

ローマ字読み|小文字

tamatsushima|miredomoakazu|ikanishite|tsutsumimochiyukamu|minuhitonotame

左注|左註

右七首者藤原卿作|未審年月

事項|分類・ジャンル

雑歌|藤原麻呂|羈旅|望郷|土地讃美|地名

校異

特に無し

寛永版本

たまつしま[寛],
みれどもあかず,[寛]みれともあかす,
いかにして[寛],
つつみもちゆかむ,[寛]つつみもてゆかむ,
みぬひとのため[寛],

巻数

第7巻

作者

藤原房前

タイトルとURLをコピーしました