万葉集1217番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1217番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1217番について

歌番号

1217番

原文

玉津嶋|見之善雲|吾無|京徃而|戀幕思者

訓読

玉津島見てしよけくも我れはなし都に行きて恋ひまく思へば

かな読み

たまつしま|みてしよけくも|われはなし|みやこにゆきて|こひまくおもへば

カタカナ読み

タマツシマ|ミテシヨケクモ|ワレハナシ|ミヤコニユキテ|コヒマクオモヘバ

ローマ字読み|大文字

TAMATSUSHIMA|MITESHIYOKEKUMO|WAREHANASHI|MIYAKONIYUKITE|KOHIMAKUOMOHEBA

ローマ字読み|小文字

tamatsushima|miteshiyokekumo|warehanashi|miyakoniyukite|kohimakuomoheba

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|和歌山|望郷|地名

校異

特に無し

寛永版本

たまつしま[寛],
みてしよけくも[寛],
われはなし[寛],
みやこにゆきて[寛],
こひまくおもへば,[寛]こひまくおもへは,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました