万葉集1357番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1357番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1357番について

歌番号

1357番

原文

足乳根乃|母之其業|桑尚|願者衣尓|著常云物乎

訓読

たらちねの母がそのなる桑すらに願へば衣に着るといふものを

かな読み

たらちねの|ははがそのなる|くはすらに|ねがへばきぬに|きるといふものを

カタカナ読み

タラチネノ|ハハガソノナル|クハスラニ|ネガヘバキヌニ|キルトイフモノヲ

ローマ字読み|大文字

TARACHINENO|HAHAGASONONARU|KUHASURANI|NEGAHEBAKINUNI|KIRUTOIFUMONO

ローマ字読み|小文字

tarachineno|hahagasononaru|kuhasurani|negahebakinuni|kirutoifumono

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋愛|枕詞|植物

校異

特に無し

寛永版本

たらちねの[寛],
ははがそのなる,[寛]ははのそのなる,
くはすらに,[寛]くはもなほ,
ねがへばきぬに,[寛]ねかへはきぬに,
きるといふものを[寛],

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました