万葉集1285番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1285番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1285番について

歌番号

1285番

原文

春日尚|田立羸|公哀|若草|攦無公|田立羸

訓読

春日すら田に立ち疲る君は悲しも若草の妻なき君が田に立ち疲る

かな読み

はるひすら|たにたちつかる|きみはかなしも|わかくさの|つまなききみが|たにたちつかる

カタカナ読み

ハルヒスラ|タニタチツカル|キミハカナシモ|ワカクサノ|ツマナキキミガ|タニタチツカル

ローマ字読み|大文字

HARUHISURA|TANITACHITSUKARU|KIMIHAKANASHIMO|WAKAKUSANO|TSUMANAKIKIMIGA|TANITACHITSUKARU

ローマ字読み|小文字

haruhisura|tanitachitsukaru|kimihakanashimo|wakakusano|tsumanakikimiga|tanitachitsukaru

左注|左註

右廿三首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

雑歌|旋頭歌|恋愛|略体|遄ら遄媿|枕詞

校異

特に無し

寛永版本

はるひすら[寛],
たにたちつかる[寛],
きみはかなしも,[寛]きみはあはれ,
わかくさの[寛],
つまなききみが,[寛]つまなききみか,
たにたちつかる[寛],

巻数

第7巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました