万葉集1415番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1415番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1415番について

歌番号

1415番

原文

玉梓能|妹者珠氈|足氷木乃|清山邊|蒔散<柒>

訓読

玉梓の妹は玉かもあしひきの清き山辺に撒けば散りぬる

かな読み

たまづさの|いもはたまかも|あしひきの|きよきやまへに|まけばちりぬる

カタカナ読み

タマヅサノ|イモハタマカモ|アシヒキノ|キヨキヤマヘニ|マケバチリヌル

ローマ字読み|大文字

TAMAZUSANO|IMOHATAMAKAMO|ASHIHIKINO|KIYOKIYAMAHENI|MAKEBACHIRINURU

ローマ字読み|小文字

tamazusano|imohatamakamo|ashihikino|kiyokiyamaheni|makebachirinuru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|亡妻歌|枕詞|葬儀

校異

染->柒【古】

寛永版本

たまづさの,[寛]たまつさの,
いもはたまかも[寛],
あしひきの[寛],
きよきやまへに[寛],
まけばちりぬる,[寛]まけはちりぬる,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました