万葉集1195番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1195番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1195番について

歌番号

1195番

原文

麻衣|著者夏樫|木國之|妹背之山二|麻蒔吾妹

訓読

麻衣着ればなつかし紀の国の妹背の山に麻蒔く我妹

かな読み

あさごろも|きればなつかし|きのくにの|いもせのやまに|あさまくわぎも

カタカナ読み

アサゴロモ|キレバナツカシ|キノクニノ|イモセノヤマニ|アサマクワギモ

ローマ字読み|大文字

ASAGOROMO|KIREBANATSUKASHI|KINOKUNINO|IMOSENOYAMANI|ASAMAKUWAGIMO

ローマ字読み|小文字

asagoromo|kirebanatsukashi|kinokunino|imosenoyamani|asamakuwagimo

左注|左註

右七首者藤原卿作|未審年月

事項|分類・ジャンル

雑歌|藤原麻呂|羈旅|和歌山|地名|植物

校異

特に無し

寛永版本

あさごろも,[寛]あさころも,
きればなつかし,[寛]きれはなつかし,
きのくにの[寛],
いもせのやまに[寛],
あさまくわぎも,[寛]あさまけわきも,

巻数

第7巻

作者

藤原房前

タイトルとURLをコピーしました