万葉集1331番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1331番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1331番について

歌番号

1331番

原文

磐疊|恐山常|知管毛|吾者戀香|同等不有尓

訓読

岩畳畏き山と知りつつも我れは恋ふるか並にあらなくに

かな読み

いはたたみ|かしこきやまと|しりつつも|あれはこふるか|なみにあらなくに

カタカナ読み

イハタタミ|カシコキヤマト|シリツツモ|アレハコフルカ|ナミニアラナクニ

ローマ字読み|大文字

IHATATAMI|KASHIKOKIYAMATO|SHIRITSUTSUMO|AREHAKOFURUKA|NAMINIARANAKUNI

ローマ字読み|小文字

ihatatami|kashikokiyamato|shiritsutsumo|arehakofuruka|naminiaranakuni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

いはたたみ[寛],
かしこきやまと[寛],
しりつつも[寛],
あれはこふるか,[寛]われはこふるか,
なみにあらなくに,[寛]ともならなくに,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました