万葉集1184番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1184番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1184番について

歌番号

1184番

原文

鳥自物|海二浮居而|<奥>浪|驂乎聞者|數悲哭

訓読

鳥じもの海に浮き居て沖つ波騒くを聞けばあまた悲しも

かな読み

とりじもの|うみにうきゐて|おきつなみ|さわくをきけば|あまたかなしも

カタカナ読み

トリジモノ|ウミニウキヰテ|オキツナミ|サワクヲキケバ|アマタカナシモ

ローマ字読み|大文字

TORIJIMONO|UMINIUKIITE|OKITSUNAMI|SAWAKUOKIKEBA|AMATAKANASHIMO

ローマ字読み|小文字

torijimono|uminiukiite|okitsunami|sawakuokikeba|amatakanashimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅

校異

奥津->奥【元】【類】【古】【紀】

寛永版本

とりじもの,[寛]とりしもの,
うみにうきゐて[寛],
おきつなみ[寛],
さわくをきけば,[寛]さわくをきけは,
あまたかなしも[寛],

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました