万葉集1089番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1089番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1089番について

歌番号

1089番

原文

大海尓|嶋毛不在尓|海原|絶塔浪尓|立有白雲

訓読

大海に島もあらなくに海原のたゆたふ波に立てる白雲

かな読み

おほうみに|しまもあらなくに|うなはらの|たゆたふなみに|たてるしらくも

カタカナ読み

オホウミニ|シマモアラナクニ|ウナハラノ|タユタフナミニ|タテルシラクモ

ローマ字読み|大文字

OHOMINI|SHIMAMOARANAKUNI|UNAHARANO|TAYUTAFUNAMINI|TATERUSHIRAKUMO

ローマ字読み|小文字

ohomini|shimamoaranakuni|unaharano|tayutafunamini|taterushirakumo

左注|左註

右一首伊勢従駕作

事項|分類・ジャンル

雑歌|伊勢|三重県|羈旅|地名

校異

特に無し

寛永版本

おほうみに[寛],
しまもあらなくに[寛],
うなはらの[寛],
たゆたふなみに,[寛]たゆたうなみに,
たてるしらくも[寛],

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました