万葉集1161番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1161番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1161番について

歌番号

1161番

原文

離家|旅西在者|秋風|寒暮丹|鴈喧<度>

訓読

家離り旅にしあれば秋風の寒き夕に雁鳴き渡る

かな読み

いへざかり|たびにしあれば|あきかぜの|さむきゆふへに|かりなきわたる

カタカナ読み

イヘザカリ|タビニシアレバ|アキカゼノ|サムキユフヘニ|カリナキワタル

ローマ字読み|大文字

IHEZAKARI|TABINISHIAREBA|AKIKAZENO|SAMUKIYUFUHENI|KARINAKIWATARU

ローマ字読み|小文字

ihezakari|tabinishiareba|akikazeno|samukiyufuheni|karinakiwataru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|羈旅|動物|叙景

校異

渡->度【元】【類】【紀】

寛永版本

いへざかり,[寛]いへさかり,
たびにしあれば,[寛]たひにしあれは,
あきかぜの,[寛]あきかせの,
さむきゆふへに[寛],
かりなきわたる[寛],

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました