万葉集1404番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1404番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1404番について

歌番号

1404番

原文

鏡成|吾見之君乎|阿婆乃野之|花橘之|珠尓拾都

訓読

鏡なす我が見し君を阿婆の野の花橘の玉に拾ひつ

かな読み

かがみなす|わがみしきみを|あばののの|はなたちばなの|たまにひりひつ

カタカナ読み

カガミナス|ワガミシキミヲ|アバノノノ|ハナタチバナノ|タマニヒリヒツ

ローマ字読み|大文字

KAGAMINASU|WAGAMISHIKIMIO|ABANONONO|HANATACHIBANANO|TAMANIHIRIHITSU

ローマ字読み|小文字

kagaminasu|wagamishikimio|abanonono|hanatachibanano|tamanihirihitsu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|奈良|地名|植物

校異

特に無し

寛永版本

かがみなす,[寛]かかみなる,
わがみしきみを,[寛]わかみしきみを,
あばののの,[寛]あはののの,
はなたちばなの,[寛]はなたちはなの,
たまにひりひつ,[寛]たまにひろひつ,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました