万葉集1070番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1070番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1070番について

歌番号

1070番

原文

大夫之|弓上振起|<猟>高之|野邊副清|照月夜可聞

訓読

大夫の弓末振り起し狩高の野辺さへ清く照る月夜かも

かな読み

ますらをの|ゆずゑふりおこし|かりたかの|のへさへきよく|てるつくよかも

カタカナ読み

マスラヲノ|ユズヱフリオコシ|カリタカノ|ノヘサヘキヨク|テルツクヨカモ

ローマ字読み|大文字

MASURAONO|YUZUEFURIOKOSHI|KARITAKANO|NOHESAHEKIYOKU|TERUTSUKUYOKAMO

ローマ字読み|小文字

masuraono|yuzuefuriokoshi|karitakano|nohesahekiyoku|terutsukuyokamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|高円山|奈良|地名

校異

借->猟【類】

寛永版本

ますらをの[寛],
ゆずゑふりおこし,[寛]ゆすゑふりたて,
かりたかの,[寛]かるたかの,
のへさへきよく[寛],
てるつくよかも,[寛]てるつきよかも,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました