万葉集1204番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1204番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1204番について

歌番号

1204番

原文

濱清美|礒尓吾居者|見者|白水郎可将見|釣不為尓

訓読

浜清み礒に我が居れば見む人は海人とか見らむ釣りもせなくに

かな読み

はまきよみ|いそにわがをれば|みむひとは|あまとかみらむ|つりもせなくに

カタカナ読み

ハマキヨミ|イソニワガヲレバ|ミムヒトハ|アマトカミラム|ツリモセナクニ

ローマ字読み|大文字

HAMAKIYOMI|ISONIWAGAOREBA|MIMUHITOHA|AMATOKAMIRAMU|TSURIMOSENAKUNI

ローマ字読み|小文字

hamakiyomi|isoniwagaoreba|mimuhitoha|amatokamiramu|tsurimosenakuni

左注|左註

?右件歌者古集中出

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅

校異

特に無し

寛永版本

はまきよみ[寛],
いそにわがをれば,[寛]いそにわかをれは,
みむひとは,[寛]よそひとは,
あまとかみらむ[寛],
つりもせなくに[寛],

巻数

第7巻

作者

古集

タイトルとURLをコピーしました