万葉集1316番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1316番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1316番について

歌番号

1316番

原文

河内女之|手染之絲乎|絡反|片絲尓雖有|将絶跡念也

訓読

河内女の手染めの糸を繰り返し片糸にあれど絶えむと思へや

かな読み

かふちめの|てそめのいとを|くりかへし|かたいとにあれど|たえむとおもへや

カタカナ読み

カフチメノ|テソメノイトヲ|クリカヘシ|カタイトニアレド|タエムトオモヘヤ

ローマ字読み|大文字

KAFUCHIMENO|TESOMENOITO|KURIKAHESHI|KATAITONIAREDO|TAEMUTOMOHEYA

ローマ字読み|小文字

kafuchimeno|tesomenoito|kurikaheshi|kataitoniaredo|taemutomoheya

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

かふちめの[寛],
てそめのいとを[寛],
くりかへし[寛],
かたいとにあれど,[寛]かたいとにあれと,
たえむとおもへや,[寛]たへむとおもへや,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました