万葉集1417番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1417番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1417番について

歌番号

1417番

原文

名兒乃海乎|朝榜来者|海中尓|鹿子曽鳴成|A怜其水手

訓読

名児の海を朝漕ぎ来れば海中に鹿子ぞ鳴くなるあはれその鹿子

かな読み

なこのうみを|あさこぎくれば|わたなかに|かこぞなくなる|あはれそのかこ

カタカナ読み

ナコノウミヲ|アサコギクレバ|ワタナカニ|カコゾナクナル|アハレソノカコ

ローマ字読み|大文字

NAKONOMIO|ASAKOGIKUREBA|WATANAKANI|KAKOZONAKUNARU|AHARESONOKAKO

ローマ字読み|小文字

nakonomio|asakogikureba|watanakani|kakozonakunaru|aharesonokako

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|大阪|地名|動物

校異

歌【西】謌【西(訂正)】歌

寛永版本

なこのうみを[寛],
あさこぎくれば,[寛]あさこきくれは,
わたなかに,[寛]うみなかに,
かこぞなくなる,[寛]かこそなくなる,
あはれそのかこ[寛],

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました