万葉集1121番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1121番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1121番について

歌番号

1121番

原文

妹<等所>|我通路|細竹為酢寸|我通|靡細竹原

訓読

妹らがり我が通ひ道の小竹すすき我れし通はば靡け小竹原

かな読み

いもらがり|わがかよひぢの|しのすすき|われしかよはば|なびけしのはら

カタカナ読み

イモラガリ|ワガカヨヒヂノ|シノススキ|ワレシカヨハバ|ナビケシノハラ

ローマ字読み|大文字

IMORAGARI|WAGAKAYOHIJINO|SHINOSUSUKI|WARESHIKAYOHABA|NABIKESHINOHARA

ローマ字読み|小文字

imoragari|wagakayohijino|shinosusuki|wareshikayohaba|nabikeshinohara

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|植物|恋情

校異

所等->等所

寛永版本

いもらがり,[寛]いもかりと,
わがかよひぢの,[寛]わかかよひちの,
しのすすき[寛],
われしかよはば,[寛]われしかよはは,
なびけしのはら,[寛]なひけしのはら,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました