万葉集1240番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1240番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1240番について

歌番号

1240番

原文

珠匣|見諸戸山<矣>|行之鹿齒|面白四手|古昔所念

訓読

玉櫛笥みもろと山を行きしかばおもしろくしていにしへ思ほゆ

かな読み

たまくしげ|みもろとやまを|ゆきしかば|おもしろくして|いにしへおもほゆ

カタカナ読み

タマクシゲ|ミモロトヤマヲ|ユキシカバ|オモシロクシテ|イニシヘオモホユ

ローマ字読み|大文字

TAMAKUSHIGE|MIMOROTOYAMAO|YUKISHIKABA|OMOSHIROKUSHITE|INISHIHEOMOHOYU

ローマ字読み|小文字

tamakushige|mimorotoyamao|yukishikaba|omoshirokushite|inishiheomohoyu

左注|左註

?右件歌者古集中出

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|三輪|奈良|懐旧|枕詞|地名

校異

奚->矣【元】【類】【紀】

寛永版本

たまくしげ,[寛]たまくしけ,
みもろとやまを[寛],
ゆきしかば,[寛]ゆきしかは,
おもしろくして[寛],
いにしへおもほゆ,[寛]むかしおもほゆ,

巻数

第7巻

作者

古集

タイトルとURLをコピーしました