万葉集1359番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1359番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1359番について

歌番号

1359番

原文

向岳之|若楓木|下枝取|花待伊間尓|嘆鶴鴨

訓読

向つ峰の若桂の木下枝取り花待つい間に嘆きつるかも

かな読み

むかつをの|わかかつらのき|しづえとり|はなまついまに|なげきつるかも

カタカナ読み

ムカツヲノ|ワカカツラノキ|シヅエトリ|ハナマツイマニ|ナゲキツルカモ

ローマ字読み|大文字

MUKATSUONO|WAKAKATSURANOKI|SHIZUETORI|HANAMATSUIMANI|NAGEKITSURUKAMO

ローマ字読み|小文字

mukatsuono|wakakatsuranoki|shizuetori|hanamatsuimani|nagekitsurukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋愛|植物

校異

向【元】【類】【古】【紀】南

寛永版本

むかつをの[寛],
わかかつらのき,[寛]わかかつらきの,
しづえとり,[寛]しつゑとり,
はなまついまに[寛],
なげきつるかも,[寛]なけきつるかも,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました