万葉集1188番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1188番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1188番について

歌番号

1188番

原文

山超而|遠津之濱之|石管自|迄吾来|含而有待

訓読

山越えて遠津の浜の岩つつじ我が来るまでにふふみてあり待て

かな読み

やまこえて|とほつのはまの|いはつつじ|わがくるまでに|ふふみてありまて

カタカナ読み

ヤマコエテ|トホツノハマノ|イハツツジ|ワガクルマデニ|フフミテアリマテ

ローマ字読み|大文字

YAMAKOETE|TOHOTSUNOHAMANO|IHATSUTSUJI|WAGAKURUMADENI|FUFUMITEARIMATE

ローマ字読み|小文字

yamakoete|tohotsunohamano|ihatsutsuji|wagakurumadeni|fufumitearimate

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|摂津|大阪|別離|地名

校異

特に無し

寛永版本

やまこえて[寛],
とほつのはまの[寛],
いはつつじ,[寛]いはつつし,
わがくるまでに,[寛]わかきたるまて,
ふふみてありまて[寛],

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました