万葉集1315番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1315番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1315番について

歌番号

1315番

原文

橘之|嶋尓之居者|河遠|不曝縫之|吾下衣

訓読

橘の島にし居れば川遠みさらさず縫ひし我が下衣

かな読み

たちばなの|しまにしをれば|かはとほみ|さらさずぬひし|あがしたごろも

カタカナ読み

タチバナノ|シマニシヲレバ|カハトホミ|サラサズヌヒシ|アガシタゴロモ

ローマ字読み|大文字

TACHIBANANO|SHIMANISHIOREBA|KAHATOHOMI|SARASAZUNUHISHI|AGASHITAGOROMO

ローマ字読み|小文字

tachibanano|shimanishioreba|kahatohomi|sarasazunuhishi|agashitagoromo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|飛鳥|恋愛|後悔|地名

校異

特に無し

寛永版本

たちばなの,[寛]たちはなの,
しまにしをれば,[寛]しまにしをれは,
かはとほみ[寛],
さらさずぬひし,[寛]さらさてぬひし,
あがしたごろも,[寛]わかしたころも,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました