万葉集1172番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1172番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1172番について

歌番号

1172番

原文

何處可|舟乗為家牟|高嶋之|香取乃浦従|己藝出来船

訓読

いづくにか舟乗りしけむ高島の香取の浦ゆ漕ぎ出来る舟

かな読み

いづくにか|ふなのりしけむ|たかしまの|かとりのうらゆ|こぎでくるふね

カタカナ読み

イヅクニカ|フナノリシケム|タカシマノ|カトリノウラユ|コギデクルフネ

ローマ字読み|大文字

IZUKUNIKA|FUNANORISHIKEMU|TAKASHIMANO|KATORINORAYU|KOGIDEKURUFUNE

ローマ字読み|小文字

izukunika|funanorishikemu|takashimano|katorinorayu|kogidekurufune

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|滋賀|地名

校異

特に無し

寛永版本

いづくにか,[寛]いつこにか,
ふなのりしけむ[寛],
たかしまの[寛],
かとりのうらゆ,[寛]かとりのうらに,
こぎでくるふね,[寛]こきいてくるふね,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました