万葉集1232番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1232番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1232番について

歌番号

1232番

原文

大海之|波者畏|然有十方|神乎齋祀而|船出為者如何

訓読

大海の波は畏ししかれども神を斎ひて舟出せばいかに

かな読み

おほうみの|なみはかしこし|しかれども|かみをいはひて|ふなでせばいかに

カタカナ読み

オホウミノ|ナミハカシコシ|シカレドモ|カミヲイハヒテ|フナデセバイカニ

ローマ字読み|大文字

OHOMINO|NAMIHAKASHIKOSHI|SHIKAREDOMO|KAMIOIHAHITE|FUNADESEBAIKANI

ローマ字読み|小文字

ohomino|namihakashikoshi|shikaredomo|kamioihahite|funadesebaikani

左注|左註

?右件歌者古集中出

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅

校異

特に無し

寛永版本

おほうみの[寛],
なみはかしこし,[寛]なみはおそろし,
しかれども,[寛]しかれとも,
かみをいはひて,[寛]かみをたむけて,
ふなでせばいかに,[寛]ふなてせはいかに,

巻数

第7巻

作者

古集

タイトルとURLをコピーしました