万葉集1411番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1411番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1411番について

歌番号

1411番

原文

福|何有人香|黒髪之|白成左右|妹之音乎聞

訓読

幸はひのいかなる人か黒髪の白くなるまで妹が声を聞く

かな読み

さきはひの|いかなるひとか|くろかみの|しろくなるまで|いもがこゑをきく

カタカナ読み

サキハヒノ|イカナルヒトカ|クロカミノ|シロクナルマデ|イモガコヱヲキク

ローマ字読み|大文字

SAKIHAHINO|IKANARUHITOKA|KUROKAMINO|SHIROKUNARUMADE|IMOGAKOEOKIKU

ローマ字読み|小文字

sakihahino|ikanaruhitoka|kurokamino|shirokunarumade|imogakoeokiku

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|亡妻歌

校異

特に無し

寛永版本

さきはひの,[寛]さいわいの,
いかなるひとか[寛],
くろかみの[寛],
しろくなるまで,[寛]しろくなるまて,
いもがこゑをきく,[寛]いもかおとをきく,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました