万葉集1326番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1326番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1326番について

歌番号

1326番

原文

照左豆我|手尓纒古須|玉毛欲得|其緒者替而|吾玉尓将為

訓読

照左豆が手に巻き古す玉もがもその緒は替へて我が玉にせむ

かな読み

てるさづが|てにまきふるす|たまもがも|そのをはかへて|わがたまにせむ

カタカナ読み

テルサヅガ|テニマキフルス|タマモガモ|ソノヲハカヘテ|ワガタマニセム

ローマ字読み|大文字

TERUSAZUGA|TENIMAKIFURUSU|TAMAMOGAMO|SONOHAKAHETE|WAGATAMANISEMU

ローマ字読み|小文字

terusazuga|tenimakifurusu|tamamogamo|sonohakahete|wagatamanisemu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

てるさづが,[寛]てるさつか,
てにまきふるす[寛],
たまもがも,[寛]たまもかな,
そのをはかへて[寛],
わがたまにせむ,[寛]わかたまにせむ,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました