万葉集1325番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1325番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1325番について

歌番号

1325番

原文

白玉乎|手者不纒尓|匣耳|置有之人曽|玉令<詠>流

訓読

白玉を手には巻かずに箱のみに置けりし人ぞ玉嘆かする

かな読み

しらたまを|てにはまかずに|はこのみに|おけりしひとぞ|たまなげかする

カタカナ読み

シラタマヲ|テニハマカズニ|ハコノミニ|オケリシヒトゾ|タマナゲカスル

ローマ字読み|大文字

SHIRATAMAO|TENIHAMAKAZUNI|HAKONOMINI|OKERISHIHITOZO|TAMANAGEKASURU

ローマ字読み|小文字

shiratamao|tenihamakazuni|hakonomini|okerishihitozo|tamanagekasuru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋愛

校異

泳->詠【元】【類】【細】

寛永版本

しらたまを[寛],
てにはまかずに,[寛]てにはまかぬに,
はこのみに,[寛]はこにのみ,
おけりしひとぞ,[寛]おけりしひとそ,
たまなげかする,[寛]たまおほれする,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました