万葉集1305番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1305番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1305番について

歌番号

1305番

原文

雖見不飽|人國山|木葉|己心|名著念

訓読

見れど飽かぬ人国山の木の葉をし我が心からなつかしみ思ふ

かな読み

みれどあかぬ|ひとくにやまの|このはをし|わがこころから|なつかしみおもふ

カタカナ読み

ミレドアカヌ|ヒトクニヤマノ|コノハヲシ|ワガココロカラ|ナツカシミオモフ

ローマ字読み|大文字

MIREDOAKANU|HITOKUNIYAMANO|KONOHAOSHI|WAGAKOKOROKARA|NATSUKASHIMIOMOFU

ローマ字読み|小文字

miredoakanu|hitokuniyamano|konohaoshi|wagakokorokara|natsukashimiomofu

左注|左註

右十五首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|和歌山|恋愛|略体|地名

校異

特に無し

寛永版本

みれどあかぬ,[寛]みれとあかぬ,
ひとくにやまの[寛],
このはをし,[寛]このはをそ,
わがこころから,[寛]おのかこころに,
なつかしみおもふ,[寛]なつかしくおもふ,

巻数

第7巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました