万葉集1154番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1154番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1154番について

歌番号

1154番

原文

雨者零|借廬者作|何暇尓|吾兒之塩干尓|玉者将拾

訓読

雨は降る仮廬は作るいつの間に吾児の潮干に玉は拾はむ

かな読み

あめはふる|かりいほはつくる|いつのまに|あごのしほひに|たまはひりはむ

カタカナ読み

アメハフル|カリイホハツクル|イツノマニ|アゴノシホヒニ|タマハヒリハム

ローマ字読み|大文字

AMEHAFURU|KARIIHOHATSUKURU|ITSUNOMANI|AGONOSHIHOHINI|TAMAHAHIRIHAMU

ローマ字読み|小文字

amehafuru|kariihohatsukuru|itsunomani|agonoshihohini|tamahahirihamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|大阪|羈旅|地名

校異

特に無し

寛永版本

あめはふる[寛],
かりいほはつくる,[寛]かりほはつくる,
いつのまに[寛],
あごのしほひに,[寛]なこのしほひに,
たまはひりはむ,[寛]たまはひろはむ,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました