万葉集1245番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1245番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1245番について

歌番号

1245番

原文

四可能白水郎乃|釣船之<紼>|不堪|情念而|出而来家里

訓読

志賀の海人の釣舟の綱堪へずして心に思ひて出でて来にけり

かな読み

しかのあまの|つりぶねのつな|あへなくも|こころにおもひて|いでてきにけり

カタカナ読み

シカノアマノ|ツリブネノツナ|アヘナクモ|ココロニオモヒテ|イデテキニケリ

ローマ字読み|大文字

SHIKANOAMANO|TSURIBUNENOTSUNA|AHENAKUMO|KOKORONIOMOHITE|IDETEKINIKERI

ローマ字読み|小文字

shikanoamano|tsuribunenotsuna|ahenakumo|kokoroniomohite|idetekinikeri

左注|左註

右件歌者古集中出

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|福岡|地名

校異

綱->紼【元】【紀】

寛永版本

しかのあまの[寛],
つりぶねのつな,[寛]つりふねのつな,
あへなくも,[寛]たへすして,
こころにおもひて[寛],
いでてきにけり,[寛]いててきにけり,

巻数

第7巻

作者

古集

タイトルとURLをコピーしました