万葉集1309番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1309番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1309番について

歌番号

1309番

原文

風吹|海荒|明日言|應久|<公>随

訓読

風吹きて海は荒るとも明日と言はば久しくあるべし君がまにまに

かな読み

かぜふきて|うみはあるとも|あすといはば|ひさしくあるべし|きみがまにまに

カタカナ読み

カゼフキテ|ウミハアルトモ|アストイハバ|ヒサシクアルベシ|キミガマニマニ

ローマ字読み|大文字

KAZEFUKITE|UMIHAARUTOMO|ASUTOIHABA|HISASHIKUARUBESHI|KIMIGAMANIMANI

ローマ字読み|小文字

kazefukite|umihaarutomo|asutoihaba|hisashikuarubeshi|kimigamanimani

左注|左註

右十五首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋愛|略体

校異

君->公【西(訂正右書)】【元】【類】【紀】

寛永版本

かぜふきて,[寛]かせふきて,
うみはあるとも[寛],
あすといはば,[寛]あすといはは,
ひさしくあるべし,[寛]ひさしかるへし,
きみがまにまに,[寛]きみかまにまに,

巻数

第7巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました