万葉集1138番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1138番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1138番について

歌番号

1138番

原文

氏河乎|船令渡呼跡|雖喚|不所聞有之|楫音毛不為

訓読

宇治川を舟渡せをと呼ばへども聞こえざるらし楫の音もせず

かな読み

うぢがはを|ふねわたせをと|よばへども|きこえざるらし|かぢのともせず

カタカナ読み

ウヂガハヲ|フネワタセヲト|ヨバヘドモ|キコエザルラシ|カヂノトモセズ

ローマ字読み|大文字

UJIGAHAO|FUNEWATASEOTO|YOBAHEDOMO|KIKOEZARURASHI|KAJINOTOMOSEZU

ローマ字読み|小文字

ujigahao|funewataseoto|yobahedomo|kikoezarurashi|kajinotomosezu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|京都|羈旅|地名

校異

特に無し

寛永版本

うぢがはを,[寛]うちかはを,
ふねわたせをと[寛],
よばへども,[寛]よはへとも,
きこえざるらし,[寛]きこへさるらし,
かぢのともせず,[寛]かちのおともせす,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました