万葉集1116番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1116番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1116番について

歌番号

1116番

原文

烏玉之|吾黒髪尓|落名積|天之露霜|取者消乍

訓読

ぬばたまの我が黒髪に降りなづむ天の露霜取れば消につつ

かな読み

ぬばたまの|わがくろかみに|ふりなづむ|あめのつゆしも|とればけにつつ

カタカナ読み

ヌバタマノ|ワガクロカミニ|フリナヅム|アメノツユシモ|トレバケニツツ

ローマ字読み|大文字

NUBATAMANO|WAGAKUROKAMINI|FURINAZUMU|AMENOTSUYUSHIMO|TOREBAKENITSUTSU

ローマ字読み|小文字

nubatamano|wagakurokamini|furinazumu|amenotsuyushimo|torebakenitsutsu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|枕詞

校異

特に無し

寛永版本

ぬばたまの,[寛]ぬはたまの,
わがくろかみに,[寛]わかくろかみに,
ふりなづむ,[寛]ふりなつむ,
あめのつゆしも,[寛]あまのつえしも,
とればけにつつ,[寛]とれはきえつつ,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました