万葉集1211番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1211番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1211番について

歌番号

1211番

原文

妹當|今曽吾行|目耳谷|吾耳見乞|事不問侶

訓読

妹があたり今ぞ我が行く目のみだに我れに見えこそ言問はずとも

かな読み

いもがあたり|いまぞわがゆく|めのみだに|われにみえこそ|こととはずとも

カタカナ読み

イモガアタリ|イマゾワガユク|メノミダニ|ワレニミエコソ|コトトハズトモ

ローマ字読み|大文字

IMOGAATARI|IMAZOWAGAYUKU|MENOMIDANI|WARENIMIEKOSO|KOTOTOHAZUTOMO

ローマ字読み|小文字

imogaatari|imazowagayuku|menomidani|warenimiekoso|kototohazutomo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|望郷|和歌山|地名

校異

特に無し

寛永版本

いもがあたり,[寛]いもかあたり,
いまぞわがゆく,[寛]いまそわかゆく,
めのみだに,[寛]めにたにも,
われにみえこそ,[寛]われにみへこそ,
こととはずとも,[寛]こととはすとも,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました