万葉集1298番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1298番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1298番について

歌番号

1298番

原文

<干><各>|人雖云|織次|我廿物|白麻衣

訓読

かにかくに人は言ふとも織り継がむ我が機物の白麻衣

かな読み

かにかくに|ひとはいふとも|おりつがむ|わがはたものの|しろあさごろも

カタカナ読み

カニカクニ|ヒトハイフトモ|オリツガム|ワガハタモノノ|シロアサゴロモ

ローマ字読み|大文字

KANIKAKUNI|HITOHAIFUTOMO|ORITSUGAMU|WAGAHATAMONONO|SHIROASAGOROMO

ローマ字読み|小文字

kanikakuni|hitohaifutomo|oritsugamu|wagahatamonono|shiroasagoromo

左注|左註

右十五首柿本朝臣人麻呂之歌集出

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋愛|略体

校異

千->干【万葉集古義】|名->各【万葉集古義】

寛永版本

かにかくに,[寛]ちなにはも,
ひとはいふとも[寛],
おりつがむ,[寛]をりつかむ,
わがはたものの,[寛]わかはたものの,
しろあさごろも,[寛]しろあさころも,

巻数

第7巻

作者

柿本人麻呂歌集

タイトルとURLをコピーしました