万葉集1197番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1197番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1197番について

歌番号

1197番

原文

手取之|柄二忘跡|礒人之曰師|戀忘貝|言二師有来

訓読

手に取るがからに忘ると海人の言ひし恋忘れ貝言にしありけり

かな読み

てにとるが|からにわすると|あまのいひし|こひわすれがひ|ことにしありけり

カタカナ読み

テニトルガ|カラニワスルト|アマノイヒシ|コヒワスレガヒ|コトニシアリケリ

ローマ字読み|大文字

TENITORUGA|KARANIWASURUTO|AMANOIHISHI|KOHIWASUREGAHI|KOTONISHIARIKERI

ローマ字読み|小文字

tenitoruga|karaniwasuruto|amanoihishi|kohiwasuregahi|kotonishiarikeri

左注|左註

?右件歌者古集中出

事項|分類・ジャンル

雑歌|羈旅|望郷|動物

校異

特に無し

寛永版本

てにとるが,[寛]てにとりし,
からにわすると[寛],
あまのいひし[寛],
こひわすれがひ,[寛]こひわすれかひ,
ことにしありけり[寛],

巻数

第7巻

作者

古集

タイトルとURLをコピーしました