万葉集1409番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1409番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1409番について

歌番号

1409番

原文

秋山|黄葉A怜|浦觸而|入西妹者|待不来

訓読

秋山の黄葉あはれとうらぶれて入りにし妹は待てど来まさず

かな読み

あきやまの|もみちあはれと|うらぶれて|いりにしいもは|まてどきまさず

カタカナ読み

アキヤマノ|モミチアハレト|ウラブレテ|イリニシイモハ|マテドキマサズ

ローマ字読み|大文字

AKIYAMANO|MOMICHIAHARETO|URABURETE|IRINISHIIMOHA|MATEDOKIMASAZU

ローマ字読み|小文字

akiyamano|momichiahareto|uraburete|irinishiimoha|matedokimasazu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

挽歌|亡妻歌|植物

校異

特に無し

寛永版本

あきやまの,[寛]あきやまに,
もみちあはれと[寛],
うらぶれて,[寛]うらふれて,
いりにしいもは[寛],
まてどきまさず,[寛]まてときまさぬ,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました