万葉集1146番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1146番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1146番について

歌番号

1146番

原文

目頬敷|人乎吾家尓|住吉之|岸乃黄土|将見因毛欲得

訓読

めづらしき人を我家に住吉の岸の埴生を見むよしもがも

かな読み

めづらしき|ひとをわぎへに|すみのえの|きしのはにふを|みむよしもがも

カタカナ読み

メヅラシキ|ヒトヲワギヘニ|スミノエノ|キシノハニフヲ|ミムヨシモガモ

ローマ字読み|大文字

MEZURASHIKI|HITOWAGIHENI|SUMINOENO|KISHINOHANIFUO|MIMUYOSHIMOGAMO

ローマ字読み|小文字

mezurashiki|hitowagiheni|suminoeno|kishinohanifuo|mimuyoshimogamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|大阪|羈旅|地名

校異

特に無し

寛永版本

めづらしき,[寛]めつらしき,
ひとをわぎへに,[寛]ひとをわかいへに,
すみのえの[寛],
きしのはにふを[寛],
みむよしもがも,[寛]みむよしもかな,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました