万葉集1221番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1221番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1221番について

歌番号

1221番

原文

吾舟乃|梶者莫引|自山跡|戀来之心|未飽九二

訓読

我が舟の楫はな引きそ大和より恋ひ来し心いまだ飽かなくに

かな読み

わがふねの|かぢはなひきそ|やまとより|こひこしこころ|いまだあかなくに

カタカナ読み

ワガフネノ|カヂハナヒキソ|ヤマトヨリ|コヒコシココロ|イマダアカナクニ

ローマ字読み|大文字

WAGAFUNENO|KAJIHANAHIKISO|YAMATOYORI|KOHIKOSHIKOKORO|IMADAAKANAKUNI

ローマ字読み|小文字

wagafuneno|kajihanahikiso|yamatoyori|kohikoshikokoro|imadaakanakuni

左注|左註

右七首者藤原卿作|未審年月

事項|分類・ジャンル

雑歌|藤原麻呂|羈旅|望郷

校異

特に無し

寛永版本

わがふねの,[寛]わかふねの,
かぢはなひきそ,[寛]かちはなひきそ,
やまとより[寛],
こひこしこころ[寛],
いまだあかなくに,[寛]いまたあかなくに,

巻数

第7巻

作者

藤原房前

タイトルとURLをコピーしました