万葉集1105番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1105番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1105番について

歌番号

1105番

原文

音聞|目者末見|吉野川|六田之与杼乎|今日見鶴鴨

訓読

音に聞き目にはいまだ見ぬ吉野川六田の淀を今日見つるかも

かな読み

おとにきき|めにはいまだみぬ|よしのがは|むつたのよどを|けふみつるかも

カタカナ読み

オトニキキ|メニハイマダミヌ|ヨシノガハ|ムツタノヨドヲ|ケフミツルカモ

ローマ字読み|大文字

OTONIKIKI|MENIHAIMADAMINU|YOSHINOGAHA|MUTSUTANOYODO|KEFUMITSURUKAMO

ローマ字読み|小文字

otonikiki|menihaimadaminu|yoshinogaha|mutsutanoyodo|kefumitsurukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|吉野|地名|土地讃美

校異

特に無し

寛永版本

おとにきき[寛],
めにはいまだみぬ,[寛]めにはまたみぬ,
よしのがは,[寛]よしのかは,
むつたのよどを,[寛]むつたのよとを,
けふみつるかも[寛],

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました