万葉集1083番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1083番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1083番について

歌番号

1083番

原文

霜雲入|為登尓可将有|久堅之|夜<渡>月乃|不見念者

訓読

霜曇りすとにかあるらむ久方の夜渡る月の見えなく思へば

かな読み

しもぐもり|すとにかあるらむ|ひさかたの|よわたるつきの|みえなくおもへば

カタカナ読み

シモグモリ|ストニカアルラム|ヒサカタノ|ヨワタルツキノ|ミエナクオモヘバ

ローマ字読み|大文字

SHIMOGUMORI|SUTONIKAARURAMU|HISAKATANO|YOWATARUTSUKINO|MIENAKUOMOHEBA

ローマ字読み|小文字

shimogumori|sutonikaaruramu|hisakatano|yowatarutsukino|mienakuomoheba

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌

校異

度->渡【類】【紀】【温】

寛永版本

しもぐもり,[寛]しもくもり,
すとにかあるらむ,[寛]すとにかあらむ,
ひさかたの[寛],
よわたるつきの[寛],
みえなくおもへば,[寛]みえぬおもへは,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました