万葉集1170番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1170番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1170番について

歌番号

1170番

原文

佐左浪乃|連庫山尓|雲居者|雨會零智否|反来吾背

訓読

楽浪の連庫山に雲居れば雨ぞ降るちふ帰り来我が背

かな読み

ささなみの|なみくらやまに|くもゐれば|あめぞふるちふ|かへりこわがせ

カタカナ読み

ササナミノ|ナミクラヤマニ|クモヰレバ|アメゾフルチフ|カヘリコワガセ

ローマ字読み|大文字

SASANAMINO|NAMIKURAYAMANI|KUMOIREBA|AMEZOFURUCHIFU|KAHERIKOWAGASE

ローマ字読み|小文字

sasanamino|namikurayamani|kumoireba|amezofuruchifu|kaherikowagase

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|滋賀|羈旅|地名|恋情

校異

特に無し

寛永版本

ささなみの[寛],
なみくらやまに[寛],
くもゐれば,[寛]くもゐては,
あめぞふるちふ,[寛]あめそふるてふ,
かへりこわがせ,[寛]かへりこわかせ,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました