万葉集1135番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1135番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1135番について

歌番号

1135番

原文

氏河齒|与杼湍無之|阿自呂人|舟召音|越乞所聞

訓読

宇治川は淀瀬なからし網代人舟呼ばふ声をちこち聞こゆ

かな読み

うぢがはは|よどせなからし|あじろひと|ふねよばふこゑ|をちこちきこゆ

カタカナ読み

ウヂガハハ|ヨドセナカラシ|アジロヒト|フネヨバフコヱ|ヲチコチキコユ

ローマ字読み|大文字

UJIGAHAHA|YODOSENAKARASHI|AJIROHITO|FUNEYOBAFUKOE|OCHIKOCHIKIKOYU

ローマ字読み|小文字

ujigahaha|yodosenakarashi|ajirohito|funeyobafukoe|ochikochikikoyu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|京都|羈旅|地名|叙景

校異

特に無し

寛永版本

うぢがはは,[寛]うちかははろろ,
よどせなからし,[寛]よとせなからし,
あじろひと,[寛]あしろひと,
ふねよばふこゑ,[寛]ふねよらこゑは,
をちこちきこゆ[寛],

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました