万葉集1370番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集1370番の作者・分類、訓読・読み、意味・訳、原文についてまとめます。

スポンサーリンク

万葉集1370番について

歌番号

1370番

原文

甚多毛|不零雨故|庭立水|太莫逝|人之應知

訓読

はなはだも降らぬ雨故にはたづみいたくな行きそ人の知るべく

かな読み

はなはだも|ふらぬあめゆゑ|にはたづみ|いたくなゆきそ|ひとのしるべく

カタカナ読み

ハナハダモ|フラヌアメユヱ|ニハタヅミ|イタクナユキソ|ヒトノシルベク

ローマ字読み|大文字

HANAHADAMO|FURANUAMEYUE|NIHATAZUMI|ITAKUNAYUKISO|HITONOSHIRUBEKU

ローマ字読み|小文字

hanahadamo|furanuameyue|nihatazumi|itakunayukiso|hitonoshirubeku

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

譬喩歌|恋愛|尫柜蹋

校異

特に無し

寛永版本

はなはだも,[寛]はなはたも,
ふらぬあめゆゑ[寛],
にはたづみ,[寛]にはたつみ,
いたくなゆきそ[寛],
ひとのしるべく,[寛]ひとのしるへく,

巻数

第7巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました